大径摩擦圧接工程

大径摩擦圧接は回転しながら素材接触しており摩擦工程が長めになります。この動画で回転数は約1200rpm、推力で最大35トン程度になります。


ページのトップへ戻る