Business

業務内容

摩擦圧接

摩擦圧接(摩擦溶接、FW=friction welding)とは金属材料を回転させた状態で接触させて直後に高い圧力をかけて接合する加工です。通常の溶接との違いは 接触する面全体でくっ付いている為高い接合強度があり、金属間化合物もほとんど形成されずに接合時の欠陥要因も少ない点です。材質は炭素鋼やステンレスの 他、アルミニウムや銅も摩擦圧接が可能であり、通常溶接困難である異種材料同士の接合も出来る可能性は高いです。

摩擦圧接expand_more

電子ビーム溶接

電子ビーム溶接(EBW=electric beem welding )とは加工室を真空状態にした上で、電子ビームという収束性が良く自在に動かせる熱源を加工室内の製品に当てて溶融と凝固を繰り返して接合する加工です。 高い密度のエネルギーで有る為、短い時間で深い溶接が可能であり、よって歪の少ない接合が可能になります。又自在に動かせる点より製品固定で精度の良い溶接ができたり、予熱後熱処理が容易で有る為、溶接困難な材料もできる可能性が高くなります。

電子ビーム溶接expand_more

その他の加工

「切削加工」は、汎用旋盤やNC旋盤等の特に摩擦圧接時のバリ取り加工や、完成品への仕上げ加工に対応可能です。

「熱処理加工」は、摩擦圧接後の応力除去、加工性向上の為の熱処理(ナマシ)にいたします。

また「品質保証」といたしまして、溶接品質の確認の為に、リーク確認や音波探傷を実施。簡易的な強度確認や精度確認もいたします。

© 江洋圧接 株式会社
keyboard_arrow_up

PAGE TOP